投資顧問会社が入るビル
株式会社plusso(プラッソ)の評判について

現在のPLUSSOの投資助言は詐欺じゃない?

助言のための情報収集をする男性

助言のための情報収集から始まる

株式会社PLUSSOのVIP投資顧問では、独自に気づいた情報網や人脈を生かした情報収集を行っています。
プラッソの代表をつとめる久永氏は、証券会社や銀行と長年金融業界を渡り歩いてきています。
そのため、その業界にパイプを持っていなければ入ってこない情報などを、独自の人脈から得ることができるといえます。
人脈は情報を得るためには欠かせないものですが、時間をかけて信頼関係を築かなければ得られないものでしょう。

また、インターネット等のあらゆる媒体を利用した情報収集活動にも力を入れています。
インターネットでは旬な情報が飛び交っていることがあるので、日々情報収集にもつとめていることは当然でしょう。

投資をするうえでは知識やトレードの技術も大切ですが、やはり大きな要素は情報ではないでしょうか。
つまりは、どこの投資顧問会社も根本にあるので情報収集活動であり、その情報を基に精査や分析を重ねているのです。
このような情報活動で集めた大量の生の情報を分析し、顧客の利益に繋がると確信した情報を配信しているのです。
情報が多くなければ、信頼性の高い分析はできません。

集めた情報を分析する

集めた情報には価値のないものが含まれていますが、表面上価値がないものを組み合わせると、有益な情報になる可能性があります。
そのような情報を厳選し、選別してからプロのアナリストが分析するのです。
また、高付加価値の情報にするには、独自の見解や新しい切り口が欠かせません。
独自の見解であれば、他社ではまだ見つけていない情報になるかもしれません。
新しい切り口であれば、他社が気づくまで独占的に情報を使用できる可能性があるでしょう。

このような情報を判断したり、組み合わせたりするのがプロのアナリストの技です。
この加工を経た情報は投資家にとって価値のある情報になっていることが多いでしょう。
プロにしか気づけない情報の組み合わせ方があるからです。
一般の投資家とプロのアナリストの違いは、この情報の組み合わせ方にあるのかもしれません。

分析した結果を提供

分析した情報を株式会社PLUSSOでは、助言としてユーザーに提供しています。
情報だけを提供されてもユーザーには分かりにくいこともあるでしょう。

そこで株式会社PLUSSOでは「銘柄相談窓口」をもうけ、ユーザーと対話をするようにしています。
ユーザーの不安や疑問を解決するとこで、情報を利用しやすくしているのです。
情報に疑問を持ったままだとユーザーは情報を利用しにくいという面があります。
その点を解決することで、情報を提供するだけではなく、利用してもらえるような努力を行っています。

株式会社PLUSSOのそのような姿勢が、ユーザーとの信頼関係を築くのに役立っています。
ユーザーとの信頼関係があるのであれば、投資助言が信用できるものだと分かるでしょう。