投資顧問会社が入るビル
株式会社plusso(プラッソ)の評判について

悪い評価や口コミが捏造されているという噂について

悪い評価を捏造してる業者の手

ネガティブキャンペーン

ネガティブキャンペーンとは、相手のネガティブポイントを誹謗中傷することによってアピールし、対立候補を貶める選挙戦術のことを指します。この“ネガキャン”が、近年では企業が同業の他社の信用を貶めて利益の誘導を図る行為も指すようになりました。

例えば、家の電子レンジが壊れたため、新しいレンジを買おうと調べていたところ、A社とB社が新製品を見つけました。それぞれの商品説明見たところ、どちらの性能や値段も同等なのでどちらが良いかわかりません。

本来なら、A社とB社のレンジを実際に使ってみなければ優劣の判断はつけれないはずですが、「A社のは壊れやすいから、B社の方が良い」という口コミを目にしたらあなたはどう感じるでしょうか?

評価や口コミは捏造ができる

「A社のは壊れやすいからB社の方が良い」この口コミが事実であると裏付ける根拠はどこにもありません。なので、この評価は真実かもしれませんが、ウソかもしれません。しかし、消費者は目にした情報を疑いもなく信じる傾向があります。

こうした消費者の行動心理を利用して、口コミを捏造し利益を誘導しようとする悪質な業者が存在しています。ネットが普及しオンラインショッピングが身近になった昨今、何かを買うときには口コミやレビューを参考にする人が大半ですが、口コミシステムを利用したステマ行為は度々問題にあげられることがあります。

口コミは本当の消費者が正当な批評をしてるものもあれば、自作自演やサクラが書き込みしてる場合もあるのです。自社の製品をよく見せるために自作自演で口コミを捏造することも、他社の製品を悪く見せるために悪い口コミを捏造することもできるということを忘れてはいけません。

投資顧問業界はステマが横行

これをそっくりそのまま「投資顧問会社」という単位で考えてみれば、PLUSSOに対する違和感のある悪い評価や口コミの数々の説明がつきます。つまり、PLUSSOの信用を落とすことで利益を誘導しようとしてる業者の存在が浮き彫りになります。

PLUSSOの悪評を並べているサイトを見ると、その他数多くの投資顧問会社の悪評も並べられていますが、そのなかでここ最近に始まったような見たことも聞いたこともないような投資顧問会社が【優良】と紹介されており、高評価の口コミが並んでいます。ここから先は、あえてここで名言せずともその意味がわかるかと思います。

PLUSSOは悪い口コミを捏造されているなら、捏造の根拠を示し法的処置に出れば良いのですが、その口コミを投稿してる者はおろか、口コミを掲載している運営者すらも突き止められないというのが実情でしょう。まさにネットの匿名性を活かした悪事と言えます。

このように、PLUSSOの悪評は事実ではなくネガキャンである可能性が濃厚であるため、根拠のない口コミ等の批評は鵜呑みにしない方が良いでしょう。