投資顧問会社が入るビル
株式会社plusso(プラッソ)の評判について

プラッソってズバリ詐欺会社なんじゃないの?

<p>プラッソが詐欺だと疑ってる女性</p>

ズバリ詐欺会社ではない

株式会社PLUSSO(プラッソ)は詐欺会社なのか?という疑問について冒頭でまずお伝えしておきたいのは「プラッソは詐欺会社ではない」ということです。
そもそも、金商登録をおこなっている金融取引業者が詐欺行為を働いていれば、監督官庁からの指導はもちろん厳しい処分も与えられることになるでしょう。

プラッソについてなにかと「詐欺」というワードがついて回ってしまうのは、違法業者がプラッソが提供している投資助言サイト「VIP投資顧問」の名前を騙り詐欺的な行為を働いていた実例なども確認されていますし、競合他社がプラッソの信用を落とすためにしかけているディスインフォメーション(偽情報)により「詐欺」といったワードがついて回ってしまっている可能性は否めません。

しかしながら、プラッソは過去に行政処分をうけた歴史があり、処分を受けた理由として「不適切な広告配信」や「顧客の勧誘に虚偽」が認められたことも事実です。
よって、その点をだけを摘まんで言えば「詐欺」と一般的に認識されてしまっても仕方ないことなのかもしれません。

一般の消費者の声よりも業者の偽情報の疑い

<p>嘘の情報</p>ただ、その問題点の改善に取り組んで監督官庁から下された業務停止という厳しい処分を経て、営業を再開させていることも事実なのです。
齟齬がないよう断っておきたいのは、営業開始しているんだしPLUSSOは良い会社だ!などとは一切申し上げるつもりはありません。
この記事で述べていることは、少なくとも株式会社PLUSSO(プラッソ)は詐欺会社ではないということです。

とはいえ、プラッソの利用者がPLUSSOに対してどのような印象を抱くかはそれぞれですし個人の自由です。
PLUSSOの助言で儲けたひともいれば、損したひともいるわけですから個々の印象は違いますし、賛否両論があるわけで、なかには詐欺的な会社だと感じるひとがいてもおかしくありません。

なのに、なぜ「詐欺」や「悪質」といったワードばかりが目立つのか?それは一般の消費者ではなく業者の力が加わっているからと考えるのが自然に思います。
もっと簡潔にいえば、口コミ批評サイトを装って業者のサクラがPLUSSOの悪い口コミばかりを投稿していたら、一般の消費者に悪い印象を与えることができます。

プラッソを悪く印象づけるため、口コミ等で偽情報を発信しているなら列記とした営業妨害行為です。
よって、もちろん法的責任に問われる問題ですが、どこの誰がやっているのかがわからなければ対処ができないというのが実情でしょう。
ネットの知識がある程度あればわかることですが、海外のサーバーを利用してる場合には、情報開示請求などの法的な効力が及ばないことがあります。

ネット上の情報は選別が重要

<p>情報の選別をしてる人</p>このように、ネットは匿名性が高いため良い面も悪い面も存在します。そして良いことにも使えれば悪いことにも使えるのです。
では、プラッソの悪評を広めることで得するのは誰なのかを考えてみましょう。
それは紛れもなく、同じ業種で競合するライバル会社と想像がつきます。

つまり、プラッソを厳しき批評し評価を貶めることで得する存在がいる限り、この可能性は否定できないのです。
単純に実際にサービスが悪いから悪い口コミが多いだけじゃないの?という見方もあるかもしれませんが、そんなお粗末なサービスを提供している会社が何年も続くことのほうが考え辛いでしょう。

最後にもういちど繰り返し述べておきたいのは、プラッソは優良だといってるわけではなく、批評口コミサイトの皮をかぶったディスインフォメーションにより、偽情報が拡散されているという現状を指摘しているだけに留まります。
このことを頭にいれ、ネットにある情報の選別には重かれるほうがよろしいかと存じます。